0368584445なんて知らない

最近は詐欺の電話も多いので知らない番号の電話には出ない方も多くなっていますね。
ただ、こちらのサイトをご覧になって頂けたということは少なからず借金の滞納があったりして、03-6858-4445この番号も発信者を確認しないと怖かったりしたんじゃないですか?
私も長年そんな経験をしてきました。携帯も家電も登録してない番号には絶対に出ませんでした。
出ないと言うよりも怖くて出られなかったと言うべきですね。
なので、0368584445この着信番号も、あなたと同じように検索して誰から掛かって来たのか調べてました。

アビリオ債権回収ってどんな会社?

それでは、アビリオ債権回収がどんな会社か説明しますね。

  • 債権の譲受業務
  • 債権の管理・回収受託業務
  • 債権売買業務
  • バックアップサービサー業務
  • システム販売業務
  • 事務代行・集金代行業務
  • 債権処理に関する相談コンサルタント業務
  • その他の管理・回収全般にかかわる業務

上記がアビリオ債権回収の概要ですが、このページを訪れて頂いている方の多くは、

  • モビット
  • アットローン
  • 新生フィナンシャル

上記のモビット・アットローン・新生フィナンシャル等から借入(キャッシング)して返済が出来なくなり、最初はモビット・アットローン・新生フィナンシャル等の消費者金融から督促の電話が入り返済できる目途が立たないから対応しないで放置して、次に自宅に送付される督促のハガキや封書も放置していたはずです。
ここまで、モビット・アットローン・新生フィナンシャル等の督促を放置していると、一時、消費者金融から督促が無くなったように感じちゃいますが、この一時の間に、モビット・アットローン・新生フィナンシャル等の消費者金融がアビリオ債権回収に、あなたの債務を売ってしまうのです。
ちなみに、

債権回収会社:サービサーとは

『サービサー会社とは、債権管理回収業に関する特別措置法(以下「サービサー法」)に基づき、法務大臣から営業の許可を得て設立された株式会社です。』
『サービサー法に定められた特定金銭債権を買い取り、または回収の委託を受けて、特定金銭債権の適切な回収を行います。』
サービサーは債権回収の専門の会社だということが分かると思いますが、債権回収を専門にやっているから、取り立ても厳しいものになります。
あなたはまだ電話が掛かって来ているだけの段階でしょうが、

  • 03-6858-4445から毎日電話が掛かってくる。
  • 督促の封書が送付されて来る。
  • 簡易・記録書留が送付されて来る。
  • 配達証明郵便が送付されて来る。

アビリオ債権回収の督促も無視し続けると段々と督促の内容が厳しくなってきます。
これと同時進行で、

  • お勤め先に毎日、在籍確認の電話が入ります。
  • ご自宅の訪問が始まります。

アビリオ債権回収は、モビット・アットローン・新生フィナンシャルに限らず債権を買い取り回収をしますので、アビリオ債権回収から督促状が送付されたら、内容だけは確認した方がいいです。
書面には、初回借入日最終返済日残高延滞利息などの他に、今後の返済方法などが記載されています。
※殆どの場合、○月○日までに、残金+延滞利息の一括返済が条件になってます。

今後の対応は

アビリオ債権回収の督促状の内容通りに返済出来るのなら、至急連絡を取り返済した方がいいです。
しかし、督促状に記載されている通りの内容で返済が出来ない場合は、減額や返済回数の交渉を考えるようにしましょう。

そもそも返済は無理

消費者金融や貸金業者の延滞から始まった取り立てを無視し続けた結果、アビリオ債権回収の取り立てを受けている状況を考えると、現状でも返済は無理なのだと思います。
私は無理でした。そして、私の場合は1社だけでなく複数社の消費者金融から借りていたので、取り立ての追い込みはもの凄いものでした。
※借入をした当時は総量規制がありませんでした。
切羽詰まって『法テラス』に駆け込み相談をしたのですが、当時は『債務整理専門の弁護士』は居なかったので、アドバイスは「逃げ回るか」「破産するか」の二者択一でしたが、私の場合は、借金が多過ぎて破産する時、裁判所に預ける預託金すら用意できませんでした。
結果、長期間「逃げ回っていました」が、近年では『債務整理専門の弁護士』も増えて来て相談も無料でハードルも下がってきました。
私はまずこちらを利用して自分の債務と今後の生活について相談しました。

取り立ての電話はアビリオ債権回収だけですか?
借金の滞納が複数社あるなら
直ぐに債務診断してください。



無料で名前や住所を入力しませんから、プライバシーは保たれます。
取り立てから逃げ回り借金漬けになっていた私が言うのも変ですが、
あなたの今の状況や今後の生活を考えた場合、早急に対策を取った方が賢明です。

アビリオ債権回収から催告書が来た時の対処法

アビリオ債権回収から届く催告書のタイトルは以下のものがあります。

  • お電話のお願い
  • 催告書
  • ご通知
  • お知らせ
  • 重要なお知らせ
  • 債権譲渡譲受通知書

催告書・請求書・訴訟等申立予告通知が届いたら

焦らず対処しましょう!

アビリオ債権回収から催告書・請求書・訴訟等申立予告通知が届いたら、「焦らず」「放置せず」落ち着いて対処すれば大丈夫です!
アビリオ債権回収から郵便物が送付された場合、借金の返済滞納が始まってから長い年月が経過している可能性があります。
借金にも>時効があるのですが、あなたが手続きをしないと時効は成立しません。
まず、送付された郵便物の内容を確認してください。
注意して確認する内容は以下です。

  • 約定延滞発生日
  • 約定返済日

記載されてる日付が5年以上前であれば時効の可能性があります。
また、請求書に詳しい契約内容の記載がない場合でも、5年以上返済した覚えがないのであれば時効の可能性があるので、絶対にアビリオ債権回収に連絡しないようにしてください。
必ずしも支払い義務がある借金とは限りません。
なぜなら、最後の返済から5年以上経過した借金は時効になるからです。

アビリオ債権回収から郵便物が届いた場合、まず時効かどうかを確認することが大切です。

アビリオ債権回収に連絡してはいけない理由

アビリオ債権回収の郵便物の内容は「和解案の提示」「財産差し押さえ」など、『元金だけ返済して頂ければ、延滞利息を含め減額します。』『このまま、ご連絡が頂けない場合、法的手続きに移り財産の差し押さえをさせて頂きます。』という内容で、あなたに『優しい和解案』・あなたを『脅す財産差し押さえ』で『何が何でも』あなたに連絡をさせようとします。
でも、冷静に考えて下さい。
元々、返済するつもりもなく「借入」をしてないので、やっぱり、「こちらに被がある」し「返済してない負い目」がありますから、連絡を取った時、どうしても『返済できない理由』など話してしまいますよね。
アビリオ債権回収は、回収のプロですから、言葉巧みにあなたを言いくるめ『支払い意思がある』ように話を進めます。
※今後、万が一、法的な手続きになった場合に「言った言わない」を防ぐ為に、通話内容を録音している場合もあります。

あなたがアビリオ債権回収に「時効だから支払ません!」と『内容証明郵便』を送付するまでは、時効が成立していないのと、あなたが『支払い意思』があるような言葉を発してしまった『瞬間』に時効がストップしてしまいます。
アビリオ債権回収との交渉は、絶対に書面でするようにしましょう。

一般の方が『内容証明』を作成して、送付することは一生の内有るか無いかですから、作成方法がわからなくて当然です!

『時効の内容証明郵便』を弁護士や司法書士に作成して頂いてアビリオ債権回収と交渉して貰うのは、債務整理の手続きを考えると、凄く安い費用で請け負って頂けます。
延滞金の元金が仮に30万円あったとすると、長年の延滞利息をプラスして請求された場合、100万円以上の返済金額になっている可能性があります。
しかし、専門家に依頼すると、1件の『時効を成立』させるのに、3万円・5万円で請け負って頂けるので、自分でアビリオ債権回収と交渉しても、言いくるめられて100万円払うなら、弁護士・司法書士に依頼した方が安いし、面倒な手続きはしなくていいし、とメリットだけだと思います。
しかも、費用の分割払いもしてくれますから、専門家に支払う金額は毎月数千円で済みます。
是非、検討されては如何でしょうか。


↓↓無料相談窓口はコチラ↓↓


アビリオ債権回収株式会社の企業情報

社名 アビリオ債権回収株式会社
Abilio Servicer Co., Ltd.
URL

http://www.abilio-servicer.co.jp/

設立 1999年3月4日
事業内容 1.債権の譲受業務
2.債権の管理・回収受託業務
3.バックアップサービサー業務
4.システム販売業務
5.事務代行・集金代行業務
6.債権処理に関する相談コンサルタント業務
7.その他の管理・回収全般にかかわる業務
所在地

〒100-0013
東京都千代田区霞が関三丁目8番1号
虎の門三井ビルディング12階

資本金 5億円
代表者 代表取締役社長 岩波 雅彦
従業員数 約379名
主な株主構成 プロミス – SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
電話番号 03-6858-4445
FAX番号  
許可・登録 債権管理回収業 法務大臣許可第5号
取引先 都市銀行、地方銀行、信託銀行、信用金庫、信用組合、保証会社、保険会社、カード会社、リース会社、弁護士等、様々な金融機関他